東海大相模 3季連続甲子園へ

画像


1月28日午後、第83回選抜高校野球大会の出場32校が決まった。
県内からは東海大相模と横浜が選ばれた。

地元・東海大相模は2年連続9度目のセンバツ出場。
昨年の春・夏、今回と3季連続で甲子園行きが決まった。

組み合わせ抽選は3月15日、大会は23日に開幕する。


昨年夏の準優勝校でもあり注目度は高く、当日は60人以上の報道陣が同校にやって来た。
捕手で主将の佐藤大貢くんは、「昨年は1回戦敗退だったので、まず1回戦の壁を乗り越えること。その勢いで最後まで行きたい」と抱負を語った。

※写真=報道陣(おもに毎日)の注文に応え、喜びの表情を体で表現するナインら

この記事へのコメント